沿革

1924年
3月
井沢圭三初代社長が東京市芝区白金三光町にミヤマ製作所を創業しラジオ部品の製造を開始
1933年
3月
ラジオ用チップジャック、真空管ソケット等、多品種のラジオパーツを開発し実用新案権を取得
10月
東京市荏原区東中延1丁目362番地に本社、工場を移転し、株式会社ミヤマ製作所を設立
1940年
3月
東京市荏原区西戸越2丁目844番地に第2工場を新設
1944年
5月
海軍指定監督工場となる
8月
埼玉県秩父町に秩父工場を新設
1945年
5月
空襲により第1、第2工場ともに被災
7月
盛岡市に疎開し、工場建設を準備するも、敗戦によって中断やむなきに至る
1948年
5月
東京都大田区上池上56番地において事業を再開
1949年
3月
ミヤマ電器株式会社を資本金30万円で設立
1953年
10月
GT管用クッションソケット及び新製品塩ビ被覆ミノムシクリップ(実用提案)を発売
1960年
10月
現在地に本社ビルを建設
1962年
3月
輸出開始 資本金350万円に増資
1967年
3月
大阪営業所を開設
1968年
9月
スイッチ等のUL規格を取得
1969年
12月
スイッチ等のCSA規格を取得
1973年
12月
馬込事業所を開設し、生産部門を移転
1974年
9月
資本金を4,725万円に増資
1976年
9月
井沢圭三取締役会長・井沢良取締役社長就任
1981年
3月
名古屋営業所開設
1982年
6月
神田営業所開設
1984年
6月
資本金を9,450万円に増資
1985年
12月
高瀬競取締役社長就任
1986年
5月
川崎市中原区苅宿に玉川工場新築完成
1988年
10月
スイッチのVDE規格を取得
1996年
9月
上田宗一郎取締役社長就任
1997年
12月
ミヤマ電器 ISO9001を取得
2000年
8月
松山秀樹取締役社長就任
2002年
11月
本社ビル新築
2003年
9月
上海星山模具制造有限公司 設立
2004年
7月
広州星山汽車配件制造有限公司 設立
2005年
10月
ミヤマ電器 ISO14001を取得
2007年
10月
SIAM MIYAMA ELECTRIC CO.,LTD 設立
2013年
8月
SIAM MIYAMA ELECTRIC ISO9001を取得
11月
上海星山模具制造有限公司 ISO9001とTS16949(現IATF16949)を同時取得
2014年
3月
上海星山模具制造有限公司 ISO14001を取得
2015年
4月
SIAM MIYAMA ELECTRIC TS16949(現IATF16949)を取得
2019年
3月
MIYAMA ELECTRIC INDIA PRIVATE LIMITED 設立